さまざまな種類

青汁は必要?
カイシンの青汁プロ
女王様の青汁
女性にオススメの青汁
男性にオススメ
コーワの青汁珠
遠藤青汁の「みどり」
ドクターシーラボ
マイケアのふるさと青汁
ケール青汁冷凍タイプ
はちみつ青汁
ステラの贅沢青汁

カイシンの青汁プロ

カイシンの「青汁・プロ」は、主な原材料にケールと大麦若葉を採用。
いわゆる青汁の王道であるケールに、まろやかな抹茶風味の大麦若葉を加えることによってさらに飲みやすく、栄養価をアップさせています。

確かに、ケールそのままだと苦過ぎますし、大麦若葉だけだと栄養分がちょっと物足りない感じがするんですよね。
青汁・プロは100%国産素材の二種類の原料を使って、「生絞り製法」なる方法によって粉末特有のザラつきを抑え、クセのない飲みやすさを実現しました。
総合的に、非常にバランスのとれた青汁という印象です。

http://arlosites.com/10yasai.htmlにいくつかの青汁をいろいろな視点から比較した結果が載っていますのでこちらも参考にしてください。

青汁・プロの製造に採用されている生絞り製法は、原料の葉を真空状態に置いて非加熱濃縮、さらにたんぱく質変性が起きないよう乾燥させることによって「絞って」います。
粉末化した青汁は食物繊維の固まりであり、これでは中に詰まっている栄養素を消化することができません。
私たちが今まで飲んでいた粉末青汁は、栄養分を吸収しにくいものだったというわけです。

固形に近い粉末ではなく、絞った状態で出荷されますので、お水にもわずか3秒という短時間でさっと溶けるのが特徴です。
野菜が足りていないなと思った時に、水分補給もかねてお水に溶かして飲んだり、あるいは外出先で外食中心の生活になったときでも安心。
原料本来の生きた味が楽しめる青汁・プロなら、毎日無理なく飲み続けられそうな気がします。

飲む時間はとくに決まりはないのですが、夜に飲むと良いとhttp://www.corodyne.com/6.htmlにかいてありました。

カイシン「青汁・プロ」のこだわりは、原料の選定や製法だけではありません。
原料を栽培する段階から一貫して作られています。
専属の契約農家を持ち、希少価値の高い品種のケールや大麦若葉を栽培しています。
もちろん保存料や着色料など余計な添加物を入れずに、自然そのままの味を再現しています。
細かいことではありますが、このようなこだわりを持って作られている青汁なら安心です。

TVでも度々取り上げられ、子供から大人まで誰もが気軽に始められるカイシンの青汁・プロ。
是非試してみてはいかがでしょうか。
http://xn--7-kb9b083j.com/ant.htmlでは、アンチエイジング効果が期待できる商品が紹介されていますのでご覧ください。

その他にもセサミンによるアンチエイジングもありますので興味がある方は是非。
http://xn--vckl3i8c.la/10.html

http://xn--0-hfura9lzd.com/ranking.html

http://www.dixebra.com/wakaw.html

ローヤルゼリーにも美容やアンチエイジング効果がありますのでお試しください。
http://xn--2ck2dtaci4ge.tv/trs1.html

http://xn--8-vfutfzadk9he.com/a2.html

http://xn--u9jtilezadk9he8488ea0399cuw9c.com/10.html

http://www.cookie-recipes-online.com/ro2.html