さまざまな種類

青汁は必要?
カイシンの青汁プロ
女王様の青汁
女性にオススメの青汁
男性にオススメ
コーワの青汁珠
遠藤青汁の「みどり」
ドクターシーラボ
マイケアのふるさと青汁
ケール青汁冷凍タイプ
はちみつ青汁
ステラの贅沢青汁

マイケアのふるさと青汁

マイケアの「ふるさと青汁」は、八丈島で育てられた明日葉の葉と茎にプラスして「根」部分加え、栄養価を総合的にアップさせています。
また、明日葉の他に熊本県産の大麦若葉、桑の葉を配合し、苦味やまずさを感じさせない、まろやかな味にバランス良く仕上げています。

青汁の好みは人それぞれで、苦味が良いという人もいれば飲みやすい方が良いという人もいます。
ふるさと青汁はお子さんでも口にできるように、また水分補給に使えるようにと飲みやすく仕上げられています。

ふるさと青汁の主な原料である「明日葉」は八丈島を原産地とする、セリ科の野菜です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、さらに「カルコン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。
カルコンは明日葉独自の成分で、カテキンやイソフラボンなどと同じポリフェノールの仲間です。
葉や茎部分に豊富であり、アレルギー抑制、皮膚病の改善、むくみや体内に蓄積した老廃物を外へ排出する作用などが知られています。

また、明日葉には「クマリン」という成分が含まれています。
クマリンはセリ科の植物に豊富であるとされ、抗菌作用、エストロゲンホルモン作用、その他血栓防止薬などとして使用されるほど信頼性の高い成分です。
先ほどのカルコンと合わせて摂取すれば、だんだん体内環境の正常化や体質改善も期待できるかもしれません。

明日葉や根を絶やさなければ、ほとんど摘んでしまっても大丈夫といわれるほど生命力にあふれた植物です。
大麦若葉は牛乳の10倍ものカルシウムが、桑の葉には血糖値をコントロールする力がありますから、摂取して得をすることはあっても決して損にはなりません。
むしろ明日葉のメリットをさらに補いつつ、体質改善をサポートしてくれることでしょう。

青汁にトライしたことはあるけれど、まずくて断念してしまった方もいらっしゃると思いますが、青汁のメリットは水やお湯に溶かして簡単に野菜を摂取できるところにあります。
ぜひ、口当たりのよい優秀な青汁「ふるさと青汁」を試してみてはいかがでしょうか。

お水では青汁の味がして苦手な方は、
牛乳などで割って飲むのが一般的なようです。
美容効果も期待するのであれば、
牛乳も良いですが豆乳の方が望ましいでしょう。

豆乳に含まれているイソフラボンという成分が
美容や健康にとても効果的なんだとか。
詳しくはイソフラボンについてのサイト

▼女性に嬉しい効果▼
http://cartyah.hqforums.com/6.html

▼男性に嬉しい効果▼
http://www.ik-rental.jp/dan.html

▼生活習慣病を予防する!▼
http://xn--eck7bvd2a5dzc.net/syukanbyou.html

▼更年期障害の緩和▼
http://xn--eck7bvd2a5dzct376aa6329blb3c.com/menopause.html

▼女性ホルモン不足のカバー▼
http://2kewl4u.com/i03.html

▼気になる美容効果▼
http://www.diningcompass.com/biyou.html


これらをご覧ください。