さまざまな種類

青汁は必要?
カイシンの青汁プロ
女王様の青汁
女性にオススメの青汁
男性にオススメ
コーワの青汁珠
遠藤青汁の「みどり」
ドクターシーラボ
マイケアのふるさと青汁
ケール青汁冷凍タイプ
はちみつ青汁
ステラの贅沢青汁

コーワの青汁珠

毎日の食生活、食物繊維やビタミンなどの栄養素は十分摂れていますか?バランス良く食べようと思っても、何種類もの野菜や果物を摂るのって意外と大変です。

コーワの「青汁珠(あおじるだま)」は、北海道の寒く厳しい大地で育った「クマイザサ」を主原料に使用。
クマイザサには食物繊維はもちろん、http://www.empleaextremadura.com/02yasai.htmlにもかいてあるように
鉄分やカルシウム、ビタミンA、その他カロテンなどといった豊富な栄養素を含んでおり、食事のバランスが崩れがちな環境にあってもきちんと一日の必要な栄養分を摂ることができます。

食物繊維だけでいえばさつまいもの約30倍、ケールの約1.7倍、大麦若葉の約1.5倍も含んでおり、普通に野菜を食べるよりもずっと効率的に食物繊維を補給できるのがポイントです。

また、豊富な栄養素のなかでも「葉緑素」は特に優秀で、ピーマンの約20倍も含まれています。
葉緑素が体内に入るとコレステロールやダイオキシンなどの余計な毒素がスムーズに排出されるので、誰もが積極的に摂取したい成分ともいえます。

コーワの青汁サプリメントは、開発段階から高い品質を保つために独自の「3つの基準」を設定しています。

まず1つめは、一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターによるサプリメントの安全性を証明する「ハイクオリティ認証」を取得すること。
2つめに、全ての商品を認定工場で生産すること。
そして3つめに、全商品についてヒト試験を行い、影響があるかどうか前もってテストをするということです。

このように徹底された管理体制の元で製造されている「青汁珠」ですが、青汁製品としてはもっとも飲みやすく続けやすい粒タイプなので、サプリメント感覚でいつでも気軽に口に入れられるのもメリットの一つではないでしょうか。

粉末はザラつくし、底に残るので好きじゃない。
水に溶かす手間も面倒くさい、と思う人は意外に少なくないものです。
しかし、「青汁珠」のような錠剤タイプなら軽く小さいので、外出先にも楽に持っていって栄養補給ができます。
と、ここで一つ注意してほしいことがあります。 http://hoodscopesf.com/07yasai.htmlに詳しく解説されているのですが、青汁と薬の飲み合わせに注意してください。