さまざまな種類

青汁は必要?
カイシンの青汁プロ
女王様の青汁
女性にオススメの青汁
男性にオススメ
コーワの青汁珠
遠藤青汁の「みどり」
ドクターシーラボ
マイケアのふるさと青汁
ケール青汁冷凍タイプ
はちみつ青汁
ステラの贅沢青汁

キューサイのケール青汁冷凍タイプ

「まずい!もう一杯!」のCMでも広く知られる、キューサイのケール青汁。
発売当初から国産ケール100%にこだわって作られており、グループファームと契約農家で種の段階から育て、製品に使用しているという本格派青汁でもあります。
もちろん農薬や化学肥料は一切不使用。
製造の段階で余計な添加物も一切入れていません。

キューサイの青汁には、粉末タイプと冷凍タイプの二種類があります。
今回紹介するケール青汁(冷凍タイプ)はケールを絞る段階で低酸素、かつマイナス40度の急速冷凍を行い、酸化を防ぎつつ栄養やケール本来の新鮮さを失わない製法にて作られています。
安価な青汁のなかには、製造段階で混ぜ物をしたりして青汁本来の栄養分を損ねることがありますが、キューサイの青汁はどの製品よりも安心して飲める、信頼度の高い製品といえますね。

キューサイのケール青汁はゼロから栽培されていると先ほども書いていますが、農薬は近隣の畑からも悲惨し、土壌に蓄積することがあります。
そのようなケースを考え、飛散農薬のチェックは専門の研究所にて「多段階検査システム」を適用し、厳格に行われているそうです。

そのような手厳しいチェックによって生まれるキューサイの青汁は、それぞれの季節によっても味が微妙に変わるのがポイントです。
夏場は直射日光をしっかりと浴びてグングン成長していくので、ケールらしい味わいとなりますが、寒い冬の季節には葉の表面が凍り、植物は完全に凍ってしまわないようにと糖分を溜めて成長するので少々甘みが出てくるのです。
これも露地栽培ならではのメリットとえいますね。

キューサイの冷凍青汁は一年を通して新鮮な状態が楽しめるのですが、少々苦いくらいが効果的と考える方は夏場の青汁を、逆に甘みがあった方が好ましい方は冬場の青汁を購入すると良いかもしれません。
水で割って飲むのが代表的な飲み方ですので、
本当に味わいに違いが出るのか、もしくは春や秋はどんな味わいになるのかなど色々と比べて飲んでみても面白そうですね。
また水も、水道水や天然水などのように種類がありますのでこだわってみると良いでしょう。
水についてのサイトがこちら
http://xn--gckg0b0b8evmbbb4571m14od.biz/banah.html

http://xn--gckg0e8bzevco2lb.asia/4.html

http://xn--gckg0e8bzevco2lb4788elchyx2i.com/6.html



にありますので、どういった種類や成分を含んでいるのかの参考にしてください。 青汁にはダイエット効果があると言われていますよね。
実は大豆に含まれているイソフラボンという成分にも
同じくダイエット効果が期待できるそうです。

詳しくはこちらのhttp://www.linuxbyte.net/diet.html
イソフラボンで美容と美貌を手に入れよう!
のサイトをご覧ください。

また、青汁は人間だけでなくペットにあげても良いそうです。
エサに混ぜてあげてはいかがですか?
▼手作りキャットフードの作り方はこちら
http://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/handmade.html

▼子猫用のキャットフードについてのサイト
http://k-clubs.hiho.jp/konek.html

▼ダイエット用のキャットフードについてのサイト
http://www.talesforthepetloversheart.com/daiet.html

▼正しい選び方
http://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/07.html

▼栄養のあるドッグフード
http://xn--qckubrc3d4m.name/nutrient.html

▼健康に良いドッグフード
http://dogsroom.material.jp/d1.html

もありましたのでご覧ください。