さまざまな種類

青汁は必要?
カイシンの青汁プロ
女王様の青汁
女性にオススメの青汁
男性にオススメ
コーワの青汁珠
遠藤青汁の「みどり」
ドクターシーラボ
マイケアのふるさと青汁
ケール青汁冷凍タイプ
はちみつ青汁
ステラの贅沢青汁

毎日野菜を食べてても青汁は必要?

青汁について調べていると、
「毎日ちゃんと野菜を食べているのに青汁を飲まなければいけないの?」
という疑問を耳にすることがあります。

緑黄色野菜をバランスよくきちんと摂っている方については、お通じの頻度や腸内環境、お肌の状態などが総合して整っていると考えられます。

そのような方には特に青汁を飲む必要はありません。


もしも、きちんと野菜を摂っているのに
便秘や体調不良が治らないようであれば、
青汁を足して飲んで食物繊維を補うか、体調が悪い原因は他にあると考えられます。


野菜を食べている方でも、何らかの都合や事情で外食が多くなる時があるかもしれません。

たとえば旅行や急な出張、頼まれてお友達や親戚の家へ泊まり込むなど、自宅から一歩外に出ると意外に野菜不足が続いてしまいます。
ですので、一定期間野菜が摂れない状況にある場合は粉末や携帯用の青汁を持ち歩いて、水やお湯に溶かして飲むようにすると良いでしょう。
http://xn--0-kb9b083j.com/に青汁の原料となっているケールや大麦若葉などの特徴や価格と栄養価で比較したランキングが載っていますので参考にしてください。

人間の身体の中には常に老廃物が溜まっていきます。
何も食べなければ死んでしまいますから、何かしらは口にしなければなりません。
そしてそれを消化すれば、残りはいらないものとして外に出そうとします。

もしもその処理がスムーズに行われなければ、お腹が張ったり気分が悪くなるなどしてエラーが起こるようになっています。
食物繊維を日常的に摂取することで、消化器系統は正常に保たれますので、野菜が摂れない時は青汁で不足分を補うようにしましょう。

また最近では野菜の価格が高騰することも多いため、「節約」のために青汁を飲んでいるというお宅も増えてきています。
週末だけ野菜を食べるようにするとか、逆に週末は青汁にするなどといった工夫で節約しても良いかもしれません。

また、青汁は粉末や粒タイプなど携帯に便利なものが揃っています。
大震災や万が一の事態が起きた時というのは栄養が偏って体調を崩しやすいものですので、そうした緊急時の栄養補助食品として購入しておくのも一つの方法です。

こちらに青汁の効果効能と副作用ランキングがありますのでご覧ください。

さらに青汁には視力回復の効果もあると言われています。視力矯正手術であるレーシックに比べても費用は格段に安いので利用してみてください。
レーシックの費用と視力回復による効果・安全性についてはこちら。